アラキドン酸の過剰摂取リスクについて

アラキドン酸は細胞膜を構成する主要な成分のひとつで、脳や肝臓、皮膚などありとあらゆる体内組織に存在しており、学習・記憶を司る脳の発達や体の健康維持になくてはならない栄養素です。
胎児や乳幼児は体内でアラキドン酸を合成する力が未発達であり不足気味であるため、粉ミルクなどにアラキドン酸が含まれているものも販売されています。

アラキドン酸が不足すると、脳内での情報伝達がうまくいかず物忘れが多くなったり、集中力が低下する場合もありますので、豚レバーや魚、たまごなどアラキドン酸を豊富に含むものを食べることが重要です。
ところが、最近の食生活の変化により日本人の食生活が欧米化するに伴い、肉類が食卓に並ぶことが昔と比べ格段に多くなりました。
これは良いことなのでしょうか。

実はアラキドン酸は過剰摂取は良くないとされています。
アラキドン酸を過剰に摂取すると、大腸ガンや前立腺ガン、皮膚ガン、動脈硬化、高血圧、アトピー性皮膚炎などの発症リスクが上昇するという様々な危険を伴うことになるようです。
近年の食生活の変化で、日本人のアラキドン酸の摂取量はこの50年で約4倍にまで増えているようで、この傾向には注意した方が良いと言えるでしょう。
ただ、赤ちゃんやご年配の方はがっつりとした肉料理を食べる機会はありませんので、アラキドン酸が含まれているミルクやサプリメントhttp://www.asgardentertainment.com/kajyousextusyu.htmlから補うことになります。