加齢とともに減少するアラキドン酸

アラキドン酸は現代の日本人の食事の中に多く含まれているため、バランスの良い食事を心掛けていれば不足することはないと言われています。
グラム当たりのアラキドン酸の含有量が多い食品を順に挙げると、鶏卵、ぶた(スモークレバー)、ぼら、さわら(生)、ぶた、(副生物、じん臓、生)となっていますが、さんまなどの魚や肉にも多く含まれています

ところが、加齢とともにアラキドン酸が減少することが分かっており、特に60歳を過ぎると急激に減少http://arachidonic-acid.com/middle-and-old-age.htmlします。
では、いつ頃から減少が始まるのでしょうか。
実は、40歳を過ぎることには現象が始まります。
アラキドン酸が不足した場合は認知症やうつ病の発症リスクが高まるため注意が必要となります。

アラキドン酸が不足している60歳男性に対する実験が行われたので紹介すると、1か月アラキドン酸を摂取させただけで、年齢に換算した場合に脳の情報処理速度は約7年分(7歳分)、情報処理能力は約5年分(5歳分)若返ったそうです。
逆に言うと、アラキドン酸が不足しているということはそれだけ脳の機能が低下していると言え、40歳を過ぎたあたりからはアラキドン酸の不足に対しては十分に注意することが必要と言えそうです。

アラキドン酸の魅力的な効果はこれだけではありません。
女性はいつまでたってもキレイでい続けたいですよね。
そんな女性のキレイをこの成分はサポートすることもできます。
是非、アラキドン酸をhttp://www.go-on-vs-geki.jp/biyoukouka.htmlで紹介されているサプリメントなどで摂って、キレイを保ちましょう。