認知症予防に最適なアラキドン酸

加齢とともに脳の機能は急激に低下します。
この機能低下が著しい場合に「認知症」となり、特に80歳を超えるとそのリスクは急激に高まるようです。
近年の研究の結果、アラキドン酸という栄養素の働きが注目を集めているようです。

アラキドン酸は、リノール酸から合成されるオメガ6系脂肪酸の1つで、脳の神経細胞の生成を促す働きがあります。
高齢者や特に認知症の方はアラキドン酸が少ない傾向にあるため、急激に低下する体内のアラキドン酸を食事などで意識的に摂取することが重要です。

アラキドン酸は、野菜などの食物にはほとんど含まれておらず、肉、魚、卵に含まれています。
特にレバーやさんまには多く含まれているようです。
レバーは臭みが強いため苦手な方が多いかもしれませんが、そういった方にはさんまがおすすめです。
さんまにはアラキドン酸の他にDHAやEPA(エイコサペンタエン酸)も豊富です。
ただし、こうした脂肪酸は酸化しやすいため、なるべく新鮮なうちに食べるか、抗酸化作用のあるβ-カロチンと一緒に摂るのがおすすめです。
β-カロチンは人参やパセリ、パジルに多く含まれているため、これらと一緒に食べましょう。
オーブンやグリルで焼いたさんまにバジルソースをかけて食べるととても美味しいので是非試してみてください。
食事から摂ることのできる成分ではありますが、アラキドン酸を含んだ料理はカロリーが高い傾向にあります。
そのためダイエット中の方やご年配の方には、カロリーを気にしなくても良いアラキドン酸サプリメントタイプをおすすめします。
このサプリタイプhttp://www.stalschurchdc.org/sextusuyryou.htmlなら、1日に必要な量が簡単に摂ることが出来ます。